すぐ夏ばてしてしまいます!

質問

 私はもともと暑いのに弱く、すぐ夏ばてしてしまいます。体がだるくなり息切れがしてしまいます。口が乾いてついつい冷たい飲みものに手が伸びて、食欲がなくなってしまいます。効果のある漢方薬はありますか?(太田 K彦)

答え

夏バテの男性 現代の日本では、外気温の上昇と室内の冷房の温度差、そして冷たい飲食物の摂取が、大きな原因と考えられます。外気温のコントロールはすぐには出来ませんが、時には山の木陰で昼寝をしたいものです。一日中冷房の強すぎる所にいる場合、風呂に浸かると固くなった身体が溶けるような気さえします。風呂から出たらクーラーで冷やさず、自然の風で身体の中から自然の温度に戻す必要があります。自律神経系の安定に役立つと言われています。クーラーの利いた部屋にいると自然な汗をかけずに、冷えた乾いた風で皮膚の表面を乾かしてしまうので、皮膚の潤いがなくなってしまいます。

 時には冷たいものも口には美味しいですが、氷ザクザクの飲み物は、胃の温度を下げて食べたものの栄養分を吸収しにくくして、体力低下につながります。昔の様に温かい麦茶を飲むとサラサラした気持ちの良い汗が出て肌が潤います。冷たい飲み物を飲むとべたべたした気持ちの悪い汗をかきます。

 息切れ・だるさ・めまいがあって、舌の引き締まり方が弱い人は、気虚として「生脉散(しょうみゃくさん)」を勧めます。日本には「麦味参(ばくみさん)」という名前で輸入されています。軟便で食欲がなく、身体がだるく舌の表面にヌルヌルした白くものが付いている場合、脾気虚として「香砂六君子湯(こうさりっくんし)」を勧めます。

 また、手足のほてり・だるさ。口の渇きがあって、尿量が減少して舌の赤みが強く表面の苔が薄い人は、腎陰虚として「知柏地黄丸(ちばくじおうがん)」を勧めます。さらに、顔ののぼせ・赤ら顔が気になる人には「滋陰降火湯(じいんこうかとう)」の変方の「涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)」を勧めます。手足のほてり・焦燥感・不眠があって、舌の赤みが強く表面の苔が剥がれている人は、心腎陰虚として「天王補心丹(てんおうほしんたん)」を勧めます。いずれにしても、早朝涼しいうちに身体を動かし、酷暑の日中は無理せず午睡をとって、冷え過ぎていないスイカや緑豆(リョクトウ)の粥を食べるのも、夏を涼しく過ごす知恵と言えるでしょう。