疲れが回復せず、朝なかなか起きられません!

質問

 私は夏ばてが秋まで続き、疲れやすく冬にはよく風邪を引きます。手のひらに汗をかいたり足の裏が熱く夜寝る時冷たい所を探しています。胸もモヤモヤ熱く気分も焦りがちになります。何度か病院で相談しましたが相手にされませんでした。市販のドリンクを飲んでも少し動けても、すぐへばってしまいます。漢方で治る方法はありますか?

答え

山を登るパンダ 砂漠の国から来た人が「ニホンノナツハクルシイデス」と言っていました。気温40度を越えても湿度が低く一定しているので、木陰や土壁の建物に入るとさわやかなのでしょう。日本の夏は、梅雨から秋の長雨まで高温多湿です。「焼けるような暑さ」でなく「うだるような暑さ」です。どうしても冷蔵庫から出したばかりの冷たい飲み物が欲しくなります。胃腸を冷やして、消化吸収代謝排泄がうまくゆかず、体がおもだるくべっとりした汗をかきます。胃腸が弱くなると温度差などに対する抵抗力が低下します。そこへクーラーの冷たい乾いた風がくると、皮膚表面が冷やされて夏かぜを引きます。毎日忙しく身体も気持ちも休む閑がないと、からだの中の「津液」という潤い力が低下します。そうすると、おっしゃるようにほてりや焦りが表れます。特に夕方から夜にかけて繰り返し原因不明の熱感を感じる事を「潮熱(ちょうねつ)」と言います。このような身体の変化のメカニズムを漢方では認めていますが、現代医学では問題にしないケースが多いように思われます。そのため、患者さんは漢方に頼る場合が増えるようです。

 夏カゼで身体がだるく・吐き気や頭重の場合、症状をとるための処方として「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」を勧めます。食欲不振・疲れやすくなかなか回復しない・下痢しやすい場合、体質改善として「桂枝人参湯(けいしにんじんとう)」を勧めます。痰のからまない乾いた咳の場合、症状をとるための処方として「滋陰至宝湯(じいんしほうとう)」を勧めます。体質改善として「麦味地黄丸(ばくみじおおうがん)」を勧めます。不眠や焦燥感・ほてり・足腰の無力感など漢方で言う「心腎陰虚」の症状がある場合「天王補心丸(てんのうほしんがん)」を勧めます。

 いずれにしても、疲れた身体に刺激を与えて無理をさせる事は、そのときには切り抜けられても「陰陽」のバランスを崩してしまいます。疲れ切った馬にムチを当てるより、休養を与えるべきです。