不妊症

赤ちゃんを抱く女性 愛知県に吉村医院という産院があります。そこでは、出産をひかえた妊婦が、薪(まき)割りから、雑巾がけなど共同生活の場が展開されているそうです。最近の高級ホテル並みの豪華な病室で、家族と一緒にフランス料理に舌づつみを打つ出産とは、まったく違う光景が映し出されています。妊娠も同じことで、すぐそこの八百屋に行くにも自家用車で行き、荷物を持って歩くことも無く、四つんばいになっての雑巾がけをしなくなってから、お腹の血の巡りが悪くなって、妊娠しにくいのだという説さえあります。

 現代医学では、不妊の原因が女性にある場合、それに対して、外からホルモン剤などを使って操作して行くのが第一段階の治療で、最近は高度医療として人工授精や体外受精を選択してゆく話しも聞きます。

 漢方では、腎精が足りない・気の流れが滞っている・血(けつ)が足りない、などといって、体質を整える薬を選んでいきます。不妊という現象を、人間が開発した技術で乗り越えてゆく道が現代医学なら、漢方では、患者さんが妊娠する準備が整っていない体質のゆがみをただしてゆく道だと思います。

 基礎体温で、高温期にスッキリ体温が上昇せずに舌の引き締まり方が足りない場合には、腎陽が足りないとして「双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)」を高温期に服用することを勧めます。この薬は、体外受精などのときに、卵の数が足りないとかグレードが低い場合にも効果を発揮します。体外受精は、精神的にも肉体的にも経済的にも大きな負担のある治療法といわれています。なるべくチャレンジの回数を減らせるように、漢方の角度から準備を整えることは患者さんの負担を軽くする大切なステップとも言えるでしょう。

 また、ストレスの解消もなかなか難しい社会になっています。収入のいい男性と結婚するために親の言うように育って、失敗を回避し、回りの都合に自分の意見を曲げてしまい、観念的に物事をとらえる女性が増えているように思います。そういう患者さんに限って、書店に並ぶ不妊の素人向けの本にある、漢方薬の紹介の記事にこだわって、「何年飲んでも効果が無い」と道をふさいでしまいます。近所の評判の良い漢方の専門家に相談することを勧めます。

 キーワードは、雑巾がけです。

次の記事も読んでね!!