眠れないお悩み

イスクラ酸棗仁湯顆粒 寝つきが悪い、夜中に目が覚めて眠れなくなる、怖い夢を見るなど、眠れないお悩みを抱えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

 中医学では心配で眠れない、興奮して眠れない、腹が立って眠れないなど、不眠と主に関わりが深い感情は、怒・思・悲・憂の4つと考えます。臓器でそれらと深い関係にあるのは、肝・脾・心・腎となります。主に心を中心に補っていくのですが、それ以外の臓器とのバランスを整えることも重要です。

 不眠症によく使われる漢方薬としては、酸棗仁湯を中心に、逍遙丸・帰脾湯・温胆湯・天王補心丹などがあります。健忘の適応がある心脾顆粒も、心を穏やかにして眠りやすくすることができます。

 また、眠りやすい環境を整えることも必要です。眠る1時間前からはテレビ、パソコン、携帯電話の画面などは見ない、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる、夕食を食べ過ぎない、部屋の照明を少し落とす、など工夫してみましょう。

オカゼリ薬局 金光多恵子

次の記事も読んでね!!
  1. 春眠不覚暁