麻杏甘石湯の応用範囲を広げたOTC

イスクラ麻杏止咳顆粒S(いすくらまきょうしがいかりゅうえす) 麻杏甘石湯はもともと、風寒化熱型の代表的な咳嗽の処方です。組成は名前のとおり麻黄・杏仁・甘草・石膏の四味でできています。

 この処方に桔梗・陳皮・滑石を加えたOTCがあります。(麻杏止咳顆粒) のどの渇きや痰が粘っこく黄色ならば、これが即効的に効果があります。

 麻黄+石膏の組み合わせは麻黄(宣肺利水消腫) 石膏(清熱)で清熱利水消腫の作用が強い。(たとえば越婢湯) これに陳皮、滑石を加えたことで、利尿により三焦の流通を改善して肺の宣発粛降が改善されます。

 桔梗と杏仁はともに肺経の気分薬で桔梗は宣肺利咽去痰、杏仁は下気・止咳平喘 一方は「宣」、一方は「降」で宣降失調の咳喘多痰胸悶咽痛を呈する場合によく使われる薬対になります。

 風寒化熱型や風熱の咳嗽にはこのOTCを頻繁に使用します。効果も早く、お客様も前回のお薬を下さいと再び来店されることが多いです。

仁盛堂薬局 金子英雄先生

次の記事も読んでね!!
  1. 46年ぶり記録更新、台風10号!