アレルギー性鼻炎・花粉症

鼻はとてもデリケート

花粉症、アレルギー性鼻炎のパンダ ■外からの空気を吸って、一瞬にして33度以上の温度と80%の湿度にする力があります。
 ■鼻炎の漢方薬は「小青龍湯」だけではありません。

 ■根本的な原因は、五臓六腑でいう「肺」「脾」「腎」
 汗をかきやすく冷えやすい、風邪をひきやすかったりしたら衛益顆粒がお勧めです。
 透明の鼻水の他に、軟便気味・疲れやすい・むくみやすいなどがあったら健脾散がお勧めです。
 透明の鼻水の他に、足腰の冷え・頻尿などがあったら参馬補腎丸や独歩顆粒がお勧めです。

 特に、小青龍湯は、透明な鼻水の時に勧められます。ところが、舌の赤みが強いひとが使うと場合によっては、喉や鼻粘膜が乾きやすくなることもあり、中には夜の眠りが浅くなる人もいます。
 そういった場合には、衛益顆粒が特にお勧めです。

中医研薬局 井上正文