汗には良い汗と悪い汗がある!

日差しが強い日のパンダ 暑い日が続きますね。汗をかくことが増えるこの時期ですが、汗には良い汗と悪い汗があるのをご存知でしょうか。

 正常な汗の成分は99%以上が水で、塩分は混ざるものの、他のミネラル分は再吸収されるので、ほとんど混ざらないのだそう。これがさらっとしていて肌にベタつかない、いい汗。その反面、再吸収がうまくいかず、ミネラルがいっしょに流れ出る汗。こちらはベタベタして不快なだけでなく、夏バテや熱中症にもつながる悪い汗ということになります。一日中エアコンの中にこもらず、朝涼しいうちの散歩など普段から適度な運動をしたり、シャワーで済まさず半身浴などできちんと入浴するようにし、汗腺を活発にしておくのが、いい汗をかく秘訣です。

 そして夏バテを防ぐには、水分補給の仕方と、冷たい飲食物を控えることがポイント。たくさん汗をかいた時は、必要なミネラルが失われやすいので、塩分や糖分も含んだスポーツドリンクを、2倍くらいにお湯で薄め、胃の温度より高くして摂ることをお勧めします。

 高麗人参配合で、肉体疲労時や胃腸虚弱時、食欲不振時などの滋養強壮に効果があり、毛穴を引き締める収れん作用によって余分な発汗を防ぐ五味子、身体の潤い分をチャージする麦門冬も配合した『イスクラ麦味参顆粒』。

 暑い夏を元気に乗り切るための、私の必需品です。

オカゼリ薬局 茂木智広