腎(腎臓)は生命力のもと

寒がる女性 これから冬に向かって寒くなって来きます。冷えると腎臓に負担がかかります。現代医学でいう腎臓は、排尿や体に取り込まれた不要なものの、ろ過などを担う臓器です。東洋医学でいう腎も同様の働きをしていますが、単にそれだけではなく生殖、成長、老化など、一生の過程に深く関わっています。

 腎は「先天の元」と言われ、生まれながらの生命力の基礎である腎精を貯蔵しています。腎精とは、生命を維持し五臓六腑をはじめ、諸器官を滋養する基本物質です。また人の陰陽の基本、生命力のもとです。腎の働きが旺盛な人は、老いにくく、長生きですが、腎気が衰えた人は老化も早く寿命も短いと考えられています。

 腎が支配する部位は、骨・歯・耳・髪です。骨粗髪症、歯牙脱落、難聴や耳鳴り、白髪や抜け毛なども腎気の衰えと関係があります。腎をいじめる邪気は「寒邪」です。足、腰を冷やさない様にして体温維持に努めて下さい。

漢方カフェ・サルス福寿堂 渡辺先生